Rainbow Music Japan Official Blog

レインボーミュージックジャパンのコンサート活動案内や報告。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2日連続のライブ

土日と2日連続、ライブがありました。私はホスト役だったのですが、どちらのコンサートも素晴らしかったです。

土曜日は、毎月行っているカフェグレイスでのAsiahさんのライブ。以前ブログでCDの紹介をしたのですが、ライブが実現しちゃいました!普段はLA在住なので、とっても貴重なライブです。Asiahさんもカフェ形式のライブは初めてとおっしゃってましたが、とてもカフェライブの雰囲気にマッチしていました。トークや歌もリラックスした感じが良かったです。

DSCF4175.jpg


私もソロライブを聞くのは初めてでしたが、やはりライブは素晴らしいです。
ライブの選曲がとても良く、ワーシップから、オリジナル、ゴスペルとバランスよく、ライブの1曲目でぐいぐいとAsiahワールドに引き込んでしまうのは、さすが!と思いました。ワーシップソングも十分聞かせる曲になるのですね。
こちらの要望でブラックゴスペルを歌ってほしいとお願いしていたのですが、This little light of mineを歌ってくれました。即席ゴスペル教室のように、パート別に分かれてみんなで歌ってしまいました。やはり、ゴスペルライブは参加型でないと!ただ聞くだけよりも、一緒に歌うと感動を共有できて良いですね。それにしてもカフェグレイスで、お客さん総立ち(というか、立ちましょう!というおすすめがありましたが、)は初めてかもしれません!!すごく盛り上がりました。

DSCF4171.jpg


最後に歌ったSilent Prayerはアルバムのタイトルにもなっている曲で、以前から聞いていましたが、生で聞くと歌詞がストレートに入って来て全然印象が違いました。
歌詞の説明やその曲に込められた思いが、歌っている間に伝わって来てジーンと来てしまいました。

続いて、翌日のコンサートはがらっと変わって、少し改まったコンサート形式でした。サマースペシャル企画で実現した小堀英郎さんのピアノコンサート。しっとりした演奏がこれまた感動的なものでした。
小堀さんは韓国ですでに人気を呼んでいるピアニスト。
私の韓国の知り合いからも小堀さんのことを何人かから聞かれたこともあって「あの小堀さん!」とやっと一致しました。
今回日本でのアルバム発売記念で、関東に来てくださいました。

DSCF4239.jpg


クラシックの名曲から入り、後半に自作オリジナルを持って来たのでとても聞きやすかったですし、小堀さんも「緊張しないで肩の力を抜いて聞いてくださいね。」と会衆を和ませてくださったので、リラックスしてみんな聞いていました。

演奏ももちろんですが、お話がとても上手で笑いあり、涙ありと気がついた時はもう終わりで、本当にあっという間の2時間でした。

交通事故で手を負傷したこと、そして完全に癒されたことを通して神様に音楽の賜物を捧げて歩むようになったという証は感動的でした。
最後に歌った曲は、アルバムの最後に入っているClose eyesという曲。とてもシンプルな曲なのに、一つ一つの音に感情が込めて弾いているのが伝わり、素晴らしかったです。自分的には全体の中で一番良かったです。

アンコールでは、ご自分でもちょっと恥ずかしいと言っていた「冬ソナ」と「君は愛されるために生まれた」をみんなで歌いました。

お二人とも日本だけでなく、アジア、世界で活躍されているので、これからの活動がますます楽しみですね~。これからはグローバルな時代ですね。

2日連続のコンサートって、贅沢ですね。。ここのところ、Don Moenのコンサートもあったし、ライブ続きです。夏は音楽で乗り切らないと!

ちなみに来月のカフェでは大和田広美さんが来られます。
ジェフネルソンつながりもあって、お会いできるのがとても楽しみです。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。