Rainbow Music Japan Official Blog

レインボーミュージックジャパンのコンサート活動案内や報告。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月7日NYツアー ラスト!

NYツアーで興奮した日。
ブログのアップができずにいましたが、要望があったので、今更ですがご報告します!
朝早く起きて、ブルックリンタバナクルに行ってきました。

ここ10年で一番興奮したでしょうか!!
そう、映像でしか見たことのない、ここはブルックリンタバナクルです。

IMG_0629.jpg

入るとこんなに豪華!こんな教会今まで見たことがありません。
そう、もともとは劇場だったのです。
IMG_0665.jpg

朝9時の礼拝で、クワイヤーが出演。
8時過ぎに着いたのですが、8時15分くらいからクワイヤーも練習を始めていました。
IMG_0672.jpg

本当にホテルみたいでしょ?ここはロビーではなく、トイレの入り口です!
IMG_0646.jpg

入り口に入ると、ホテルマンのようなアッシャーが迎えてくれました。
そして、座ってきょろきょろしていると、何人かのアッシャーが
「どこから来たの?」「ようこそ!!」「God Bless You」
と声をかけてくれました。
見ていると、来ている人みんなに話しかけて、歓迎しています。
「調子はどうですか?」と一人一人に声をかけ、ある人にはハグをして
祈ってあげていました。
それだけで、感動。神様の愛がじんわりと包み込み、涙があふれそうになってしまいました。

そして、賛美が始まりました。
とにかく、すばらしかった!!
始めはクワイヤーと一緒に、みんなが知っているワーシップを何曲か歌いました。
「Open the eyes of my heart Lord」(わが心の目を開いてください)
「We bring the sacrifice of Praise」(さあ主の家に行き)
など。

30分くらい賛美したでしょうか。
シンバラ先生が出て来て、「私たちは賛美しすぎることはない」
「ただ、毎回元気なプレイズを歌い、ゆっくりなワーシップを歌う。
マンネリした賛美は嫌だ。もう一度、心を込めて歌いましょう。」
と予定を変更し、再度みんなでワーシップを歌いました。

プログラムに縛られることがない、自由な雰囲気。
とても感動しました。

そして、クワイヤーが3曲歌ってくれました。
そう、グラミー賞を何度も受賞したクワイヤーが目の前で歌っているのですよ!!

何度も何度も、これは夢じゃないんだと、言い聞かせました。
ブルックリンタバナクルの代表曲「My life is in your hand」を歌ったときは
びっくりしてしまいました。
失業している人、人生に望みを失っている人は、立ち上がって一緒に歌いましょう。
との言葉に、何人もの人が会場のあちこちで立ち上がっていました。
忘れられない光景です。
一人のサラリーマン風の人が、泣きながら手をあげて歌っていたのです。
仕事を失い、絶望の中にいる、ということがすぐにわかりました。
見せかけじゃない、福音がここにあると思いました。

私の父の牧会する柏グローリーチャペルは、ブルックリンタバナクルのような教会を
目指しています。
クワイヤーも、まだまだ小さく比べ物になりませんが、大きな夢を抱いて帰ってきました。
2年後にクワイヤーみんなでブルックリンを見に行きたいな~と計画しています。


礼拝は、11時過ぎまで続き、すぐにNJの日本語教会に向かいました。
会場を出るとすでに次の礼拝(12時スタート)を待っている人が列を作っていました。

はぁ、すごいな。。

午後はすぐにNJの日本語教会での礼拝の中でのコンサート。
みんなで、「主の臨在の中で」「お天気の歌」を歌いましたよ。
子供たちも「God is so good」を一緒に歌ってくれました。
神様が豊かに働かれた礼拝でした。

IMG_0686.jpg

これで今日は終わりか?と思っていたら、大間違い。
NYでの貴重な日曜日を、逃しません。
礼拝後のフェローシップを楽しんだ後、またマンハッタンへ。
そう、スティーブサックスさんなどのミュージシャンが多く所属する
リディーマー教会の礼拝へ行きました。
今日はスティーブさんが演奏するということで向かったのですが、
礼拝が2カ所で行われていて、間違ってもう一つの方に行ってしまいました。
そこは大学の講堂。
だだっぴろい会場に、時間になると沢山の学生がやってきました。
これも、なかなか興奮しました。見たことのない風景。
いわゆる学生のための礼拝でしょうか。
そして、賛美が始まるとこちらもかなりびっくりしました。
ジャズスタイルのワーシップ。
かっこいい。。ピアノ、ドラム、ベース、サックスのユニット。
ボーカルは若い女性。
どちらかというと会衆は手拍子などはなく、伝統的な感じでしたが、
こうゆう礼拝があっていいんだ~とかなり刺激になりました。
ブルックリンの礼拝とも対照的。
いろんなスタイルがあり、それぞれすばらしいなぁと思いました。

IMG_0695.jpg

有名なグランドセントラル駅。

IMG_0708.jpg

帰りは5番街やブロードウェイをぶらぶらと歩き、帰ったのは夜11時過ぎ。
長い一日でした。
どこを歩いても、刺激に満ちたNYは、ブログを書いている今でも思い出すと
わくわくしてしまいます。
早くNYに帰りたい~!!!!

IMG_0709.jpg

スポンサーサイト

NYより帰国しました!

ブログの更新がかなり遅れてしまいました。すみません!

無事にNYから帰ってきました。
金曜日の朝9時にステイ先を出てから、12時半発の飛行機で着いたのは
1時間遅れの翌土曜日4時半。
税関の出口を出ると、何とIご家族がわざわざ来てくださり、出迎えてくれました。
感激。初めてです。
祈ってくれていたのが、とても伝わりました。
そして、すてきな花束を姉と私それぞれにプレゼントしてくれました。
本当にありがとう!!

IMG_1129.jpg

そこから家に帰る道路は連休のためとても渋滞してしまい、
家に着いたのは8時近くでした。丸一日の移動は結構疲れますね~。

やはり、時差で夜中に目が覚めてしまうのですが、最近どこにでも売っている
睡眠誘導剤を飲み、ぐっすり眠ることができました。

翌日曜日は、オープンチャペルでのゴスペル発表とゴスペルレッスン。
一日フルでしたが、何とか守られました。

しかし、驚いたのは、日本は暑い!
NYが過ごしやすい気候だったので特にダメージを受けました。
湿気と蒸し暑さで、疲れやすい感じです。
昨日あたりから雨が降ってだいぶ気温も下がったので、助かりましたが。
昨日から職場復帰。
NYでの日々が夢のようです。
早くまた行きたいなぁ・・。

やはりまだ時差が抜けきれず、夜は疲れが出て
更新せずに早めに寝てしまいました。

本当に2週間守られて感謝でした。

また、日本での様子をブログでアップして行きますね。
では

雲の上からあ。ほらね、いつも太陽が。
IMG_1111.jpg


NY 最終日

今回のNYツアー、最終日となってしまいました。

今朝は、フリーということで、午前中はモールに行き、
お買い物を楽しみました。

そう、今日は9月11日。

せっかくこの日にNYにいるので、
どうしてもグラウンドゼロ(ワールドトレードセンター跡地)
を見てきたくて、行ってきました。

大勢の人がいる中、そこには自分が想像していた以上の重い空気が流れていました。
言葉にできない苦しみ、悲しみ。
そして、そこの目の前の教会には、大勢の人が来ていました。

多くのボランティアたちの手助けをして、救助の基地となった教会。
目の前に教会があったということすら、実は恥ずかしい話知りませんでした。
7年たった今なお、身内や友人、同僚を亡くした人の悲しみはどれほどのものだろう
と身にしみて感じました。
本当に来てよかった。
私の中で、いつも想像しかできなかった出来事が一人の人間として、
実感としてとらえることができました。

IMG_0990.jpg
IMG_1008.jpg

IMG_1024.jpg

夜は、急遽ファイナルコンサートを牧師館で行うことになりました。
沢山の方が来てくださり、一緒に賛美をし、また911の遺族のため、
世界の平和のために祈るときを持ちました。

神様の臨在が確かにそこにあり、言葉を超えて神様が働かれているのがわかりました。
実はニュージャージーの教会関係者にも、911でご主人を失った方、また
その日に隣のビルにいた方など生なましい体験談も聞くことができました。
決して日本では知ることができなかった苦しみを知ることができたことは
今回の旅で忘れられない出来事です。

911のために与えられた「光を下さい」も歌うことができました。
9月11日にNYにいて、この曲を賛美をしている。
すごいことだな~と感じました。
曲を書いてから全く想像もしなかったことです。
神様が導いて下さったことを本当に感謝します。

コンサート(賛美集会)では、みんなで元気よく賛美しました。
久々に「もっと賛美を!」を歌いましたよ。
楽しかった~。

IMG_1046.jpg
コンサート後に、みんなで集合写真。
コンサート後は、沢山のデザートをいただきました。
カップケーキに、ケーキにアイスクリームなどなど、、全部おいしかったです!
IMG_1050.jpg
今回ツアーでお世話になった錦織先生ご家族。
本当にすばらしいご家族です。
本当に本当にありがとうございました。
神様の祝福が何倍にもありますようにお祈りしています!
IMG_1060.jpg
先生のブログです。チェキラ!(わかりますか?Check it out!)
http://njotenki.blogspot.com/

今日まで本当に充実した2週間でした。
コンサートにキャンプ、レコーディング、ショッピング、観光。
多くの人との出会い。

皆さんのお祈りと支援があってのツアーでした。
本当にありがとうございました。

特に日本から毎日祈ってくださった方々、
こちらで出会ってブログを見てくださっていた方々。
励ましの言葉を下さった皆様。
コンサートに来てくださった皆様。
本当にありがとうございました。

次はクリスマスシーズンに来ます!(笑)

NY 13日目 レコーディング編

今日はレコーディング最終日。
サックスプレーヤーのスティーブサックスさんがレコーディングに参加してくれました。
スティーブさんは日本在中ですが、このタイミングでNYにいることが本当に不思議です。
そして、本当にすばらしい演奏で感激!!!
You are Preciousに続く代表作となりそうな、「鏡の中に」もスティーブさんの
暖かいサックスが加わったことで格段と素晴らしくなりましたよ。乞うご期待。
そして、新曲「弱さのただ中に」(仮題)もこの日に曲を仕上げて、レコーディングが
できました。
ピアノとサックスのインステゥルメンタルで「Over the Rainbow」も録りました。
スタインウェイのピアノが本当にすばらしかったので良い演奏がとれました。
スタインウェイ欲しいなぁ。。神様お願いします。。
今までYAMAHAのような、透明感のあるシャープな音が好きだったのですが、
今回は暖かみのある音色にはまってしまい、もう他のピアノは弾けなさそうです(笑)
スティーブさんと演奏できる何て、10年も早いのですが、一緒に演奏できたことは
本当にすばらしい恵みでした。
「すべて忘れてまず音楽を楽しみましょう」と言ってくださり、
音楽の原点が戻された気がしました。
そうか、レコーディングであっても楽しむことが大切なんだ~。
ニューヨークにも世界中にもピアノが上手い人は山ほどいる。
でも、自分にしかできない演奏、自分らしさが絶対あるはず。
そのことが少しわかり、とても励まされました。
そして、最後のテイクは無心になって、ピアノに向かいました。
レコーディングは本当に良い勉強になりました。感謝!

スタジオの近くは自然が豊か。リスもここでは珍しくないそうですよ。
近くでも見たときは感動してしまいました。リスの歌を作らないと・・・(笑)
IMG_0881.jpg
スティーブさんと一緒に。
IMG_0894.jpg

夜は緊張がほぐれ、ぐったりと疲れてしまい、ブログをアップできませんでした。
すみません。

そうそう、こちらではスカンクもいるらしく、スカンクの曲を作って歌いました(笑)

NY 12日目 レコーディング

今日はバンドレコーディングでした。
サックスの北守一生さんと現地のミュージシャンが来てくれました。
最近のレコーディングは打ち込みやデジタル録音のために何でもできてしまうのですが、
今回は全て生の一発録音。
グルーブ感、空気感がそのまま伝わって、本当にいいのがとれました。
本当にかっこいいサウンドです。
実は、レコーディング当日まで、アレンジや曲が完成されていなかったのですが、
その場で完成することができました。
新曲の「土の器」(仮題)、本当にすばらしい曲ができました。
お祈りありがとうございます!
明日は、スティーブサックスさんとテーマ曲とトリの曲の録音です。
祝福されるようにお祈りください!

IMG_0843.jpg
IMG_0853.jpg


夜は北守さんを囲んで、お食事会。奥様が沢山ごちそうを用意して下さいました。
本当いつもありがとうございます!
IMG_0859.jpg
先生の作ってくださったグリーンカレー。おいしかったです。
IMG_0861.jpg

明日はスティーブサックスさんとレコーディングです。
お祈りください!

NYもあと残すところ2日です。なんか寂しいなぁ・・。
でも家族に会えるのが楽しみです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。